永観堂・青もみじ(望月優実さん)

今回の青もみじを背景にした望月優実さんとの撮影もいよいよクライマックスです。
「もみじの永観堂」こう言い切れる素晴らしい紅葉の名所を本日最後に訪れることにしました。
南禅寺から永観堂へは、徒歩5分ほどの距離です。
永観堂は、「紅葉の名所=青もみじの名所」という仮説について、これまでに訪れたどこよりも強固にそれを証明してくれたのでした。

 
2017/05/13

永観堂に到着

永観堂に到着してまず感じたのは「青さが違う」ということでした。もみじの永観堂は、まちがいなく青もみじの永観堂でもあると確信しました。そんな青もみじに覆われたシーンから撮影を開始しました。
 
 

望月優実さんの提案で

この日の永観堂は、紅葉の季節とは比較できないほど空いていましたが、それでもそれなりの人数の方が拝観に訪れておられます。望月優実さんが少し奥まった先が行き止まりになっているスペースを見つけたので、そこで撮影しました。このように広角レンズで撮影すると、周囲の雰囲気がとてもよくわかりますね。
 

別のアングルから

望月優実さんの場所はそのままで、別のアングルから撮影しました。青もみじだけでなく、苔の色合いもとても美しかったです。
 

紅葉も

永観堂を訪れて驚いたのは、この季節でも紅葉しているもみじが多くあったことでした。紅葉シーズンのピークにもそれほど劣らない色づき具合です。紅葉と青もみじを同時に楽しむことができるような感じです。
 
 

主役を変えて

一枚上の写真と同様に紅葉と青もみじが一緒にある場所ですが、主役を青もみじに変えて、すぐ横で撮ってみました。葉の一枚一枚がとても元気ですね。
 

多宝塔を背景に

山の中腹に見える多宝塔を背景に撮影しました。青もみじ、多宝塔近くの山の黄色、手前の紅葉・・青、黄、赤で信号のようなカラフルな配色になりました。 

 

石橋の上で

小川に架かる石橋に腰掛けて撮影しました。とても風情がありますね。

 

青もみじを取り入れて

同じ石橋に腰掛けたまま、少し遠目から青もみじをたくさん入れて撮影しました。この季節ならではの風景ですね。
 

極楽橋で

永観堂の放生池に架かる極楽橋で。鮮やかな青もみじに一部紅葉が混ざり、とても美しい場所でした。
 

緑と赤

こちらも青もみじと紅葉のコントラストが楽しくて撮影した一枚です。対比すると、青もみじの鮮やかさが一層引き立ちますね。
 

多宝塔につながる参道では

多宝塔には行きませんでしたが、つながる参道は青もみじで覆われ、脇にはツツジが美しく咲いていました。この鮮やかな配色は感動的でした。

 

苔庭も背景に

永観堂の青もみじはとても感動的でしたが、苔庭の美しさも素晴らしかったです。その両方を入れて撮影してみました。 

 

また、お会いしましょう!

こちらは拝観出口から出たところにある、永観堂幼稚園の前での撮影です。一年を通して永観堂の美しさを目の当たりに出来る子供たちはなんと幸せなことでしょう。この日は青もみじをテーマに、 青蓮院門跡蹴上インクライン・水路閣、永観堂ととても充実した散策になりました。望月優実さんと次回のテーマを相談しつつ、この日の撮影を終えました。また、お会いしましょう! 
  

 

関連リンク

LinkIcon2017/05/13 青蓮院門跡・青もみじ(望月優実さん)
雨がかなり降っていたため、当日になって急遽待ち合わせ場所を京都市営地下鉄東西線東山駅に変更。それでも時間ぴったりに新しい待ち合わせ場所に、とてもかわいい服装で到着した望月優実さん。前回と同じく雨のスタートとなってしまいましたが、今回も楽しい撮影が始まります。気遅れすることなく、青蓮院門跡に移動して撮影開始です。
LinkIconmore
LinkIcon2017/05/13 蹴上インクライン・水路閣(望月優実さん)
青蓮院門跡を出る頃には、雨はすっかり上がっていました。
「優実さんの撮影はいつも雨のスタートで、その後、天気が回復?」と聞くと、「それは困ります・・」と答える望月優実さんでした。湯豆腐のランチをとった後、白川沿いを北上して、蹴上インクライン・水路閣に向かいました。本当は蹴上インクラインから撮影スタートの予定でしたが、雨の撮影もしっとりしていて楽しいものです。 LinkIconmore
LinkIcon2018/04/28 宝ヶ池公園(望月優実さん)
GW初日、そして快晴の京都。
とんでもない大混雑を予想してしまうが、宝ヶ池公園だけは例外だ。 
それを思いついた私は、撮影場所を宝ヶ池公園に決定して、望月優実さんの到着を待った。
優実さんの笑顔は、森の間から漏れる眩しいほどの光で一層輝いていた。
LinkIconmore
LinkIcon2018/04/01 山科疏水(望月優実さん)
望月優実さんが首都圏に拠点を移して6ヶ月。 彼女の帰省に合わせて、京都で撮影させていただくことにした。 ちょうど桜の季節だったので、開花情報と混雑状況を考慮して山科疏水をロケーションに選択。 ここでも「桜の多いところは人も多い」という法則が当てはまっていたが、それでもとても楽しい久しぶりの撮影だった。
LinkIconmore
LinkIcon2017/10/14 水路閣〜インクライン(望月優実さん)
9月23日に京都府立植物園で撮影させていただいた際に、10月下旬に首都圏に転居されると聞いた。 それならということで、急遽、撮影の機会を設定。
実は、望月優実さんは雨女、私は晴れ男。 ここのところ、ずっと晴れが優勢だと思っていたが、この日は蹴上インクラインで撮影していた途中で雨が降り出した。
LinkIconmore
LinkIcon2017/10/14 京都駅ビル(望月優実さん)
蹴上インクラインで撮影していた途中で雨が降り出してしまった。
どうしたことかと思っていたら、岡崎公園も大規模な工事中で、全く当てが外れてしまった。
それならばということで、京都駅ビルに移動して撮影再開することを決定。
京都駅ビルのユニークな空間の数々は、活動的な望月優実さんにはとても似合っていたように思う。 LinkIconmore
LinkIcon2017/09/23 京都府立植物園(望月優実さん)
望月優実さんとは4ヶ月ぶりの再会だった。
美しい瞳とかわいい笑顔は、さらに磨きがかかった印象。
これまではなぜか雨の撮影スタートばかりだったが、今回は天気にも恵まれた。
少し秋めいた京都府立植物園で、楽しい撮影が始まった。
LinkIconmore
LinkIcon2017/04/08 京都御苑(望月優実さん)
桜の満開日を予想して、望月優実さんの撮影日を一週間前に設定。この開花予想は見事的中しましたが、残念ながら、前日の段階で天気の方は雨の予報。それでも満開の桜を目指し、京都御苑から撮影を開始することにしました。京都市営地下鉄今出川駅に、約束した時間よりも少し早めに到着した望月優実さん。とても健康的な姿を拝見した途端、雨の日らしいしっとりしたポートレートのイメージが頭に浮かびました。 LinkIconmore
LinkIcon2017/04/08 京都府立植物園(望月優実さん)
京都御苑では雨に降られてしまいましたので、確実に傘なしで撮影できる場所に移動することにしました。目的地は、京都府立植物園の観覧温室・・ここなら確実です(笑)
京都市営地下鉄烏丸線で今出川駅から北山駅まで移動してみると、なんと雨がやんでいました。というわけで、京都府立植物園の屋外で、望月優実さんのポートレート撮影再開です。
LinkIconmore
LinkIcon2017/04/08 東寺(望月優実さん)
京都府立植物園を出た後、北大路駅近くで少し遅めのビーフシチューランチをしました。
その後、再び京都市営地下鉄烏丸線で、今度は一気に九条駅まで南下。
京都市内の南北の移動は渋滞しやすいですが、地下鉄をうまく使うと、効率的に移動ができます。九条駅から東寺まで移動して、撮影再開です。
LinkIconmore
望月優実さんのインスタグラムへのリンク
 
望月優実(yumi)  Japan chiba 162cm (23) ときどき琵琶湖🐬 Like → dance / cat / kids ❤️ ゆるゆるマイペース自由人〜〜 撮影ご依頼受け付けております😊✨ 
LinkIconmore
 
LinkIcon2017/06/10 永観堂(新緑)
もみじの永観堂。こう言い切る永観堂は、青もみじも素晴らしい。
人の少なさを考慮すれば、むしろ青もみじの季節の方が魅力があるような気もする。
永観堂の諸堂に入ったのは今回が初めてだったが、とても見応えがあり、今まで庭園しか見ていなかったことを後悔するほど感動した。
LinkIconmore
LinkIcon京都でポートレート撮影にオススメなスポットは?
観光都市、京都。京都の風景を生かしたポートレートを撮りたいと思う人も多いことだろう。しかしながら、人気のある場所は混雑するために、なかなか撮影するのが難しかったりする。これまで、京都で風景ポートレート撮影をしてきた経験から、私見ではあるが、何箇所かについて評価をまとめてみたい。京都らしさ、背景のバリエーション、撮影しやすさ、アクセスの4項目について、5段階で評価した。 LinkIconmore
 

HOME | PHOTOS | PORTRAIT | 永観堂・青もみじ