TIPS

旅のヒント

LinkIcon京都でポートレート撮影にオススメなスポットは?
観光都市、京都。京都の風景を生かしたポートレートを撮りたいと思う人も多いことだろう。
しかしながら、人気のある場所は混雑するために、なかなか撮影するのが難しかったりする。
これまで、京都で風景ポートレート撮影をしてきた経験から、私見ではあるが、何箇所かについて評価をまとめてみたい。京都らしさ、背景のバリエーション、撮影しやすさ、アクセスの4項目について、5段階で評価した。 LinkIconmore
LinkIcon雪の金閣寺を見るためには?
京都市内に積雪があるのは、せいぜい年間数日である。
そんな状況で金閣寺の雪景色を見たいと思っても、それをかなえることはなかなか難しい。
しかしながら、少しでも金閣寺の雪景色を見る確率を高める方法はないのだろうか。
これまでに苦労した経験から、若干の考察をしてみた。
LinkIconmore
LinkIcon大原・三千院のわらべ地蔵は何体あるのか?
大原・三千院と言えば、わらべ地蔵。
そこまで思っていなくても、大原・三千院を訪れれば必ず会いに行くという人はかなり多いだろう。見事な苔庭の木立の間に佇むわらべ地蔵。
実際に何体あるのか、数えながら撮影してみた。
LinkIconmore
LinkIcon銀閣寺の前から大文字山に登ることができる
五山送り火の中でも最も代表と言える「大文字」。実は、その「大文字」のある大文字山には銀閣寺の前から30〜40分のハイキングで登ることができます。ハワイでダイヤモンドヘッド登山をしたことがある方もいると思いますが、難易度も距離も雰囲気も似たところがあります。子供も多く上がっているくらいなので、興味のある方は一度登ってみてはいかがでしょうか。
LinkIconmore 
LinkIcon大文字山から何が見える?
 
五山送り火の中でも最も代表と言える「大文字」のある大文字山。
実は、京都でも有数の絶景スポットです。
銀閣寺の前から30〜40分程度で登ることができます。
LinkIconmore
LinkIconなぜ銀閣寺はきれいに撮れないのか?
銀閣寺がきれいに撮れなかった。特にカメラ初心者でこう思った人は多いのではないだろうか。実は、私も同じ経験を持っている。前回、私が銀閣寺を訪れたのは、2013年5月1日のことだった。ゴールデンウィークの谷間に大原三千院を訪れ、昼食をとった後、銀閣寺に移動した。まずまず空いているなあ・・そう思いながら写真を撮った。天気もいいし、きっときれいに撮れていると信じながら、パソコンに写真を取り込んだ。 LinkIconmore
 

HOME | TIPS