京都でポートレート撮影にオススメなスポットは?

観光都市、京都。
京都の風景を生かしたポートレートを撮りたいと思う人も多いことだろう。
しかしながら、人気のある場所は混雑するために、なかなか撮影するのが難しかったりする。
これまで、京都で風景ポートレート撮影をしてきた経験から、私見ではあるが、何箇所かについて評価をまとめてみたい。
京都らしさ、背景のバリエーション、撮影しやすさ、アクセスの4項目について、5段階で評価した。

2017/02/26

京都らしさ

京都にしかない風景という観点で評価した。日本を代表するとも言える渡月橋や竹林の道のある嵐山、おそらくここにしかない風景が楽しめる蹴上インクライン、京都らしい風情がいっぱいの白川沿いを高評価(☆☆☆☆☆)にした。

風景のバリエーション

日本を代表する風景が楽しめる嵐山が高評価なのは納得いただけると思う。それに加えて、平安神宮、京都市美術館、京都府立図書館、京都市動物園、琵琶湖疏水記念館などがある岡崎公園も高評価とした。風景のバリエーションがコンパクトにおさまっているので、意外にも、変化に富んだポートレート撮影をできる場所だと思う。

撮影しやすさ(混雑なし)

宝ヶ池公園、鴨川デルタ、糺の森を高評価にした。これらの場所では、数人が集まってのポートレート撮影も無理なくできるだろうと思う。その反面、いつも混雑している嵐山は大きく評価を落とさざるをえなかった。嵐山は他の項目のポイントが高いので、空いている時期や時間帯をうまく選んでいくことができれば、ラッキーとも言える。

アクセス

河原町から歩いてアクセスできる白川沿いを高評価とした。それ以外の場所もまずまずアクセスはいいが、京阪以外のアクセスが不便な鴨川デルタ・糺の森はやや評価を落とした。それでも京都駅から地下鉄で今出川まで出て20分ほども歩けば到着する場所なので、不便というほどではない。 

総合評価

それぞれの撮影スポットに個性や一長一短があるが、大きな総合評価の差はなかった。ニーズやポートレート撮影する相手とのマッチングに応じて撮影スポットを選んで差し支えないと思われる。  

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
蹴上インクライン ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★
白川沿い  ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★ ☆☆☆★★ ☆☆☆☆☆
岡崎公園  ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★
宝ヶ池公園  ☆☆☆★★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★
嵐山  ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆★★★ ☆☆☆☆★
鴨川デルタ  ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆★★
糺ノ森  ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆★★

スポット(ロケーション)一覧

以下の写真をクリックすると、各スポット(ロケーション)の説明に移動します。  

蹴上インクライン

 

白川沿い

 

岡崎公園

 

宝ヶ池公園

 

嵐山

 

鴨川デルタ

 

糺ノ森

 

 
 
 

蹴上インクライン

蹴上インクラインは、京都を代表するポートレート撮影スポットと言ってもいいだろう。線路の上と言うロケーションで安全に、かつ、クレームを受けることもなく撮影できるのは全国的に見ても珍しいのではないかと思う。
風景のバリエーションも線路の上だけでなく、隣接した公園にある土管(パイプ?)や噴水、琵琶湖よりの端の先にある雰囲気のある石段など、意外に変化が楽しめる。
桜や紅葉のハイシーズン以外はそれほど混雑していないのもうれしい。
アクセスは京都市営地下鉄東西線の蹴上駅からすぐで便利。(蹴上駅1番出口からエスカレータで地上に上がり、出口を右に曲がって少し歩くと「ねじりまんぽ」という人道トンネルがある。そのトンネルを通って、出たところをすぐ右に上がったところが蹴上インクラインである。)
なお、蹴上インクラインを下ったところが岡崎公園であり、蹴上インクラインと岡崎公園を組み合わせた変化のあるポートレート撮影もオススメである。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
蹴上インクライン ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★

蹴上インクラインで撮影したポートレート

 
LinkIcon2017/02/04 蹴上インクライン(runaさん)
京都市内の鉄板のポートレート撮影スポットと言えば、蹴上インクラインだと思います。
今回撮影させていただいたrunaさんは、初めてのインクラインだったそうです。
この日は立春で、とても暖かく、ポートレート撮影日和になりました。
LinkIconmore
 
LinkIcon2016/10/01 蹴上インクライン(松井結花さん)
蹴上インクラインと言えば、京都市営地下鉄東西線蹴上駅で下車して南禅寺の方に向かい、「ねじりまんぽ」と呼ばれるトンネルを通り抜けたところからアクセスするのが一般的ではないだろうか。この日は、松井結花さんと岡崎公園周辺でポートレート撮影をしている途中で、蹴上インクラインの最も西側に当たる琵琶湖疎水記念館の脇からアプローチ。雑草が多く、あまり奥まで進むことはできなかったが、人もまばらで落ち着いてポートレート撮影を楽しんだ。  LinkIconmore
 

白川沿い

白川は岡崎公園に端を発して祇園を通過し、四条大橋のやや北側で鴨川に合流している。最初から最後まで約2kmくらいだろうと思うので、散策をしながら撮影するのに、ほどよい距離でもある。
白川沿いはバリエーションのあるポートレート撮影が楽しめる。岡崎公園側の入り口は、平安神宮の大鳥居の南側の端を30mほど西に行ったところになる。そこを南に進むと、一つ目の一本橋、対岸にいかにも京都らしい古民家のある場所がある。三条通りを渡った先には、一本橋が二つあるほか、川のすぐ横に作られた木造の休憩スポットがある。東大路通り(東山通り)を渡った先は祇園白川と呼ばれ、巽橋などいかにも祇園という風情が漂っている。
祇園白川エリアはやや混雑するが、ポートレート撮影できないほどではない。特に混雑している時間帯は夕方〜夜だが、少し工夫すれば大丈夫だろうと思う。
岡崎公園よりのアクセスは京都市営地下鉄東山駅が便利で、祇園側からのアクセスは京阪電車祇園四条駅や阪急電車河原町駅から歩いてアクセスできる。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
白川沿い ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★ ☆☆☆★★ ☆☆☆☆☆

白川沿いで撮影したポートレート

 
LinkIcon2016/12/17 鴨川〜白川(miuさん)
京都への冬の小旅行。
miuさんには、そんなイメージのポートレートを撮影したいと依頼しました。
待合せ場所の阪急河原町駅に時間通りに到着したmiuさん。
今回の「小旅行」はここからスタートしました。
LinkIconmore
LinkIcon2016/09/22 祇園白川(memmyさん)
シルバーウィークの間の祝日に、祇園白川でmemmyさんのポートレート撮影をさせていただきました。memmyさんとは、打ち合わせ時に浴衣と洋服の両方の撮影をさせていただけるという大変嬉しい話になりました。祇園白川というロケーションもとっても気に入っていただき、結果的には、浴衣+3着の洋服での撮影になりました。撮影自体を一緒に楽しんでくれて、また、会話も素敵なmemmyさん。ぜひ、また撮影をお願いしたいと思います。 LinkIconmore
 

岡崎公園

岡崎公園という名前は馴染みがなくても、平安神宮や京都市美術館や京都市動物園のあるあたりの公園といえば、イメージがわく人が多いのではないだろうか。この周辺は京都市の中でも、高級住宅地として知られている。
京都を感じさせる風景は平安神宮の鳥居くらいかもしれないが、風景のバリエーションは豊富である。京都市美術館の東側の並木道、京都府立図書館の周辺は特にオススメだが、周辺まで含めれば、ポートレート撮影に適したオシャレな場所が多く見つかると思う。
かなり広いエリアなので、平安神宮の大鳥居のあたりなど一部を除けば、ポートレート撮影がしにくいほど混雑する場所はない。
アクセスは京都市営地下鉄東山駅か京都市営バスになる。東山駅からアクセスする時には、白川沿いを経由すれば、より変化に富んだポートレート撮影を楽しむことができるだろう。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
岡崎公園 ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★

岡崎公園で撮影したポートレート

 
LinkIcon2016/11/23 岡崎公園(memmyさん)
memmyさんとは、祇園白川以来、ちょうど2ヶ月ぶりの再会でした。
そのときは夏〜秋への季節の変わり目でしたが、今回は秋〜冬への季節の変わり目。
紅葉真っ盛りの中、インクライン〜南禅寺〜岡崎公園〜真如堂〜竹中稲荷社と徒歩で回りました。晩秋の京都ならではの美しい風景に出会うことができました。
LinkIconmore
LinkIcon2016/10/01 岡崎公園周辺(松井結花さん)
きれいで、時々カッコよく、また、とてもかわいいモデルさんだと思います。
京都市営地下鉄東西線東山駅で待ち合わせて、白川沿いを岡崎公園に向かいました。
岡崎公園周辺でポートレート撮影して、衣装を替えて蹴上インクラインまで足を伸ばした後、また、岡崎公園に戻って撮影しました。
会話も楽しく、大変充実したポートレート撮影でした。 LinkIconmore
 

宝ヶ池公園

宝ヶ池公園は京都市北部にある。もしかしたら、「各種会議が行われる国立京都国際会館の近くの公園」という方がわかりやすいかもしれない。五山送り火の「妙」「法」の裏側に位置し、比叡山も遠望するとても自然豊かな場所である。
風景のバリエーションは、名前にもなっている宝ヶ池のほか、公園内には小川や数々のトレッキングコースがあって変化に富んでいる。京都らしさはあまり感じないが、自然を取り入れるポートレート撮影にはいいだろうと思う。
紅葉のハイシーズンでも混雑はほとんどなく、周囲の目をあまり気にせずポートレート撮影が楽しめるのは京都市内にあって貴重である。
距離の割にアクセスもいい。JR京都駅から京都市営地下鉄烏丸線に約20分乗車した終点の国際会館駅が最寄り駅である。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
宝ヶ池公園 ☆☆☆★★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆★

宝ヶ池公園で撮影したポートレート

 
LinkIcon2016/10/15 宝ヶ池公園(ポートレート)
体育の日の三連休を過ぎ、京都も一気に秋らしくなった。
紅葉の季節はまだ先だが、青空に映える場所として撮影ロケーションに選んだのは宝ヶ池公園
一部紅葉も始まっており、清々しい空気と自然の中、ポートレート撮影を楽しんだ。
LinkIconmore
 

嵐山

嵐山は日本でも有数の観光地だと思う。京都市内でも東山と並んで、観光客の圧倒的に多いエリアとして知られている。観光地として人気がある理由は、やはりそれ相応のスポットが多いからで、それは風景ポートレート撮影をする時の魅力にもつながるとも言える。
風景のバリエーションも非常に豊富。嵐山のシンボルとも言える渡月橋や竹林の道だけでなく、有名な寺院が多く存在する魅力的なエリアである。
それだけに、混雑の度合いはハンパではなく、ポートレート撮影が困難を極めることも少なくない。ロケーション的には渡月橋から竹林の道くらいまでのエリアが特に混雑している印象で、混雑がひどい時にはこのエリアを外せばなんとかなるかもしれない。北寄りの大覚寺祇王寺、渡月橋南西方向の大悲閣千光寺に足を延ばすのもオススメである。
アクセスは、JR嵯峨野線の嵯峨嵐山駅、京福電鉄の嵐山駅、阪急嵐山線の嵐山駅が中心になる。行きと帰りの駅を変えることによって歩行距離を節約できることもあるので、いろいろなプランを考えておきたい。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
嵐山 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆★★★ ☆☆☆☆★

嵐山で撮影したポートレート

 
LinkIcon2017/01/07 渡月橋周辺(南野里佳さん)
南野里佳さんの冬の京都小旅行。
小柄で明るい髪がおしゃれで、とても素敵な女性です。
この日は寒さが緩み、日差しが暖かく感じる絶好の旅日和の一日でした。
紅葉の季節の喧騒から一段落ついて、少し落ち着いた嵐山を訪ねました。
LinkIconmore
LinkIcon2016/11/03 嵐山(runaさん)
11月の祝日に嵐山・嵯峨野エリアをrunaさんと散策。
runaさんは自分でも写真を撮るので、ポートレート撮影だけでなく、風景撮影も楽しんだ。
この日のこのエリアは快晴〜曇り〜小雨と変わりやすい天気だったが、とても楽しい一日だった。まずは前編の嵐山です。(後編は嵯峨野。)
LinkIconmore
 

鴨川デルタ

鴨川デルタは、京阪電鉄の出町柳駅を降りたすぐのところにある三角州。西側から流れてきた賀茂川と東側から流れたてきた高野川が合流し、ここから有名な鴨川になる。この三角州は公園のようになっており、飛び石を使って、賀茂川と高野川の両方を渡ることもできる。
風景のバリエーションは、川沿いなのでやや単調ではあるが、ユニークな地形なので背景の工夫のしがいがある。テレビドラマのロケ地にもよく使われている。
混雑はイベント開催時を除いてほとんど気にしなくていいと思われ、ポートレートを自由に楽しむことができるだろう。
アクセスは京阪電車出町柳駅か京都市営バスでのアクセスが中心になるので、やや不便かもしれない。それでも、風景ポートレート撮影の候補地としてオススメである。なお、三角州から少し北に上がったところには下鴨神社や糺の森もあるので、組み合わせればポートレート撮影のバリエーションも大きく広げられる。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
鴨川デルタ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆★★

鴨川デルタで撮影したポートレート

 
LinkIcon2017/02/11 冬の鴨川デルタ(memmyさん)
前夜から早朝にかけて、まとまった降雪があった京都。
この日の鴨川デルタは、温かな日差しが差してきたり、小雪が舞ったりの変化の多い天気でした。まだまだ寒い一日でしたが、笑顔のmemmyさんとこの季節ならではのポートレート撮影を楽しみました。
LinkIconmore
LinkIcon2016/10/08 鴨川デルタ(マユコさん)
待ち合わせをした出町柳駅にふわっとした服装で現れたマユコさん。
黒髪が美しく、笑顔のかわいい素敵なモデルさんです。
撮影の途中から雨が降るという天気予報でしたが、「晴れ女」の彼女のおかげで時おり青空が見えるほど。鴨川デルタ〜糺の森と長時間の撮影でしたが、雨は一滴も降りませんでした。
LinkIconmore
 

糺ノ森

糺ノ森は、下鴨神社の参道に当たる部分に位置する広大な森である。高い木々で鬱蒼としていて、夏にはやや薄暗く感じるほど。
風景のバリエーションでは、小川が流れていたり、橋がかかっていたりしてして、いろいろな風景が楽しめる。幹の太い木々もあるので、そんな木々を取り込んでポートレート撮影するのも楽しいだろうと思う。
混雑の方は、ほとんど気にせずにポートレート撮影に集中できるくらい。中心の参道はそれなりに混んでいるが、多くの撮影スポットはむしろ参道から少し外れた場所に多くある。
アクセスは京阪電車出町柳駅か京都市営バスが中心になるのでそれほど便利とは言えないが、ポートレート撮影に集中したいのならオススメできる場所である。隣接する鴨川デルタと組み合わせれば、風景のバリエーションも格段に広がるので、退屈することなく撮影することができるだろう。

  京都らしさ 風景のバリエーション
撮影しやすさ(混雑なし)
中心部からのアクセス
糺ノ森 ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆★★

糺ノ森で撮影したポートレート

 
LinkIcon2017/02/11 下鴨神社〜糺の森(memmyさん)
前夜から早朝にかけて、まとまった降雪があった京都。
鴨川デルタを散策した後、ランチを挟んで、下鴨神社〜糺の森に移動しました。
まだまだ寒い一日でしたが、笑顔の素敵なmemmyさんとこの季節ならではのポートレート撮影を楽しみました。
LinkIconmore
LinkIcon2016/10/08 糺の森(マユコさん)
鴨川デルタ に続いて、糺の森でマユコさんを撮影させていただきました。
下鴨神社 の参道にもなっている糺の森は、天気が良くてもうっそうとしています。
この日は雲が多かったのでさらに暗く、撮影には少々工夫が必要でした。
マユコさんに幾つかの撮影シーンの提案をいただき、また、鏡絵馬で有名な河合神社でも撮影できてとても楽しかったです。 LinkIconmore
 

  

HOME | TIPS | 京都でポートレート撮影にオススメなスポットは?